エコハウスってなんだろう?

太陽光発電 オール電化
二つの性質を考えたとき ECO、とは

太陽光発電

近年、太陽光発電を利用した不動産が注目を集めている。太陽光発電、太陽エネルギーを専用のパネルで日差しを吸収し、熱エネルギーを電気に変換して再利用するというシステムとなっている。

太陽光を使用することによって挙げられる主な利点として、三つある。

二酸化炭素の量が減らせる

電気を発生させることは、自然に二酸化炭素を排出することになり、発生させること事態が環境破壊へと繋がってしまう。

そうした問題を解決したのが太陽光発電だ。これを使えば省エネや節約を無理にしなくても、普通に暮らしているだけで二酸化炭素の排出を抑え、また石油などの原油の利用を抑えることも可能となっている。

例えば4.32kWの太陽光発電システムを導入すると、今まで利用していた発電量に対して約1,601kgの二酸化炭素輩出を削減でき、年間では30%の二酸化炭素の節約が可能となっている。

光熱費の節約

太陽光発電の特徴といえば、昼間に電力を蓄え、夜にもその蓄積した電力と電力会社から供給されている電力の二つを併用して節約することが出来る。

また、この時に余った電力に関しては電力会社に売ることも出来る『再生可能エネルギーの固定価格買取制度』があり、調達期間20年を目安に、10kW以上を売ることが出来れば約37.8円支給されるので、消費者としてもお得感を感じるシステムだ。

弱点としては、日が長い時間でないとあまり効果を発揮しないということなので、主に夏場などが最も目に見えた効果を期待することができるということだろう。

助成制度が利用できる

単体で買うとしたらかなりの値段が張る商品だが、国が指定するエコシステムということで、購入を希望する際は所定の基準を満たしていれば補助助成金を支給して、購入の一部補填することが出来る。

エコに取り組もう
そういえば、友達が浦和区なんてどう、って勧めてくれてたっけ?何々、浦和 不動産の物件は、予算に見合うだけの不動産が沢山あるな 。おまけに数駅乗り継ぐだけで、生活必需品を買い揃えるところもあるし、おまけに主要銀行も揃っているから、意外と便利かも知れないな 。おまけに親切な浦和 賃貸ではキャンペーンも実施しているっているし、一度行ってみよう 。都会に住みたいけど家賃が高い、でも郊外だと色々不便で困るから、その中間地点がいいな 。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組みを聞かれて答えられる人が何位いるだろうか。設置している人たちも、業者からは説明を聞いているが、詳しいシステムを説明してくださいと言われたら、きちんと説明するのは難しいだろう。ここで専門的な記号を述べて話しても、仕方ないので簡単に話をしよう。

そもそも太陽光発電とは、システムの中に組み込まれている太陽電池が、吸収した太陽熱を電気に変化する重要な変換器となっている。

シリコンなどの素材で作られた半導体に太陽熱を吸収することで、電気エネルギーを発生させている、と書くが細かいことは分からなくても平気だろう。

太陽熱を家の中で使用できるように中継点の役割をするパワーコンディショナーなどの仕組みもあるが、ここまで書いていってわかったことは、確かに環境には優しくて、余った電機を売れるとなれば環境的にも、家庭の経済的にも安心で、助かるシステムなのはよく分かるのだが、やはり初期投資としての設置費用が馬鹿にならないということが一番気がかりだろう。

パネルにしても、家の中で使用できるようにするパワーコンディショナーにしても、太陽熱を電気に変えるシステムを設置するための設備には助成金の申請が可能だが、やはり元手となるお金がそれなりに用意できないと設置までには中々至らないだろう。もちろん設置する際にはローンなどの分割支払、という手もあることにはあるかもしれないが、余裕のないと気に無理してまで買おうとは思わないかもしれない。

ところが、この購入助成金と電力売買金額は年々変動して、毎年必ず一定しているとは限らないということだ。設置を考えている人は、なるべく早めの助成金申請などを行なった方がいいだろう。

また、設置費用に関しても太陽光発電を利用することで、月々の光熱費の節約ができることが、消費者にとっては最大のメリットといえる。毎月の電気代を太陽光発電で賄うくらいの発電量が生み出すことが出来れば、その月の電気代が実質支払価格が無い、なんていう夢のようなことを体験できる。毎月の明細を見て使いすぎた、と愕然とするようなこととはおさらばできるとならばいいことであるのは確実だ。これがオール電化を導入している家庭の場合なら、電気の使用量が多い夏場の恐ろしいような金額が、下手をすれば1000円台にまで抑えられるとなれば、涙を流すほどの事態だ。

そして、この光熱費が浮いた分が多ければ多いほど、設置にかかった費用の回収が短期間で済むという事も含まれる。環境省が提示している回収期間としては、一般的には10年以内としているが、これも個々の家庭によって変わってくるので、必ずしも10年で回収できるとは限らない。また、オール電化を導入しているか否かによっても違ってくるので、10年を超えるシミュレーションになったとしても、それはその家庭の特徴として受け入れるしかない。短縮したいと考えてオール電化を導入しても、そのとき掛かる設置費用等もそれなりに高額になる。

まとめると、設置費用は高いかもしれないが、その後の生活が予想以上に変わるかもしれないという可能性と、経済的な安心感が得られる、ということだろう。

他のデメリット

先にも設置に関するコストが掛かるというデメリットを述べたが、その他にもデメリットは存在している。

そのデメリットについて少し説明と、考察をしていこう。

天候などによって発電量が左右される。

これはなんとなく、設置する前から予想が付くと思うが、天候や立地条件などを加味しての発電量が日によって違うということだ。

確かに日当たりのいい立地条件の住宅なら、一日あたりの発電量は安定して供給できるが、自宅の側にマンションなどの高層階の建物があったり、もしくは山などの自然の産物があるような場所なら発電量は期待できない。さらには太平洋側と日本海側ということでも毎年の積雪量などで日照量も大きく異なり、地域によっては逆に太陽光発電システムを導入することが逆に手間となることもありえる。

なので、考え無しに設置しようということをしたら後々自分にとってあまりよろしくない展開が起こる可能性も十分にあるので、事前に業者の方が現地調査をして、さらにはソーラーパネルを設置する際の適切な面積や方位といった、自宅にあったものを選ぶことも重要になってくる。

そのため、設置を依頼する業者が肝心になってくるので、そういった信頼できる業者を探すことも大事な鍵となってくる。

寿命が存在する。

これは意外にも知らなかった、って書いている筆者が驚いたくらいです。寿命という壁が太陽光発電システムにもちゃんとあるというのだ。では寿命とは何を指しているのか、それは頑丈な機会の中にある精密部品のことを意味している。

設置する装置に関していえば、ソーラーパネルは非常に頑丈な造りをしており、ほぼ半永久的に使用し続けることが可能といわれています。発電することに関しては問題ないのだが、課題としては発電した電気を家の中で利用するための変換機であるパワーコンディショナーなどの精密機械が定期的なメンテナンスを要してしまう。

電子部品は湿気や熱といったものに弱いため、土地の条件などによっては設置して数年弱で壊れてしまうことも十分にありえる。購入した際には壊れてもまだメンテナンスフリーの保証期間は存在するが、世の中はそんなに甘いことはなくて、無期限に無料でメンテナンスを実施してくれるといったことはまずありえない。大体で約10年近くの保証期間と定められているので、それを過ぎた際には修理に掛かる部品代などの諸費用は、全て依頼主持ちとなる。

完全に壊れる前、または修理が必要だけど、まだ保証期間ないということなら、こまめな機会のチェックが欠かせなくなってくる。もちろん素人が本体をいじってどうにかなるなんてことはない、むしろいじれば壊してしまうなんて良くあることだ。呼称かどうかの判別を見極めるのは、毎日の発電量をよくチェックすることである程度の判別はできるという。

ソーラーパネルについてもひび割れや汚れの確認など、精密機械に関しても定期的なメンテナンスなどができれば、故障の危険性を回避できるので、やることに越したことは無いだろう。

欠陥工事の危険性

これはいろんなところで問題にもなっている、悪徳業者が行なっている欠陥工事という点でも注意が必要だ。

設置ミスのセイで雨漏りが発生したなどの被害も出ており、修繕を頼んでも業者と連絡が取れないなどの被害も出ている。こればっかりはどうしても防ぎようが無いかもしれないが、やはり消費者側として出来ることは、何度も打ち合わせをするなどして信頼できる業者を探すといった、地道なことが肝心になってくる。

屋根に取り付けるソーラーパネルの総重量は実に数百キロに及び、がさつな工事で後から被害を被っては元も子もなくなってしまうので、やはり選別という点では細心の注意が必要といわざるを得ない。

こうした二次的被害を受けるのを防ぐには、やはり自分たちがしっかりと見極める目をつけていなければならない、ということだ。

ここまで述べたが、メリット・デメリットを含めても、太陽光発電を導入することは将来的にも安い投資と考えて相違ないだろう。設置費用がとか、日照がとかなどの問題はあるかもしれないが、取り入れてみるのも悪くは無いでしょう。